水野式反射療法の専門アカデミー「リフレクアカデミー」

人を想う気持ちを職業にしてみませんか

水野式反射療法士資格について


「水野式反射療法」を知る3つの視点

1. 足と心と体はひとつ ―足裏からみんなの健康を育む

リフレクソロジーとは「反射学」「反射療法」のことで、
Reflex(反射) と -ology(学問)の2つの言葉からつくられた造語です。

身体には反射区と呼ばれる部分があり、
内臓や神経などの身体の部分と反射区とは密接なつながりがあるのです。

中でも足裏は重要な反射区であり、身体の骨格と足の骨格はリンクしています。足裏は身体を映す鏡なのです。

水野式リフレクソロジーは、足裏を診ることで身体の状態を知り、足裏と身体の必要な部位をもむことによって、
相手の体調を改善する施術です。自然治癒力を高め、身体だけでなく心の健康維持にも役立ちます。

2. お客様とふれあうことで自分も磨く

水野式リフレクソロジーで大切にしていること、それは相手に対する思いやりの心です。
施術される方の足裏を診る、身体をもむことを通してコミュニケーションしていきます。
相手の心を深く理解することで施術の効果が高まるだけでなく、施術する側の心も豊かになり人間的に成長します。
そしていろいろな方と出会うことにより、さらに自分を成長させる機会が生まれます。

3. 世の中に役立つ技術を身につけ職業にできる

水野式リフレクソロジーの理論と高い技術を学ぶリフレクアカデミーは、
一人でも多くの人に足裏の大切さに気づいてほしいという高い志を持って設立されています。

足もみでは自然に会話が生まれ、気持ちが通じ合います。足もみが広がることは、コミュニケーション不足からくる様々な家庭問題や社会問題を解決する一助にもなると信じています。 これからの時代にますます必要とされる技術なのです。

カリキュラムではふんだんに実技講習を取り入れており、しっかり手わざを身に付けることができます。卒業生には独立開業した方もたくさんいます。
水野式反射療法士、ホリスティック療法士、フットケアリストなど、段階に応じて資格を取得できます。
最高位「リフレクマイスター」を目指して、ぜひご自身の成長に繋げてください。

水野式反射療法士の「資格体系」